訴訟の代理という仕事

タイトルの仕事は司法書士が裁判にかかわる方法のひとつです。司法試験とそれとは別にに能力認定試験に合格しなければらしません。訴訟代理が可で簡易裁判所・民事裁判の控訴には制限があります。11月に司法試験に合格し1月にから3月に特別研修をうけ3月に能力認定認定考査が行なわれまれはれて合格した場合は認定司法書士となるころができるようになります。では具体的にどんなおしごとなのでしょうか。裁判書類作成とは異なり依頼者自身が法廷に出向かなくても認定司法書士が変わりに法廷に出向くことができるというきおとです。よって裁判書類作成よりも依頼者の負担は減ることになります。しかし、弁護士とは異なり、扱える裁判には制限があります。具体的には以下の3点からの制限がされています。以下の3点をすべて満たせば行なうことができます。1簡易裁判2額が140万円以下3民事にかかわること。過払い金返還請求・敷金返還請求・残業代請求・売掛金返還請求などでもっとも多いのが過払い金返還請求(いわゆるさら金などに払いすぎた利息などを取り返す請求)ですが、それ以外でも上記のような場合があります。ただし、酵素による地方裁判所で審査されるようになった場合行なえません。

コメントは受け付けていません。