司法書士は裁判でも心強い

af0060019988m裁判といえば弁護士を思い浮かべる人がほとんどだと思います。知られていないだけで弁護士以外にも国家資格を持つ法律家たちが裁判に関わっています。
司法書士は裁判事務も行っているんです。普段生活していて刑事裁判と関わることはあまりまりませんが、例えば少額基礎や調停や支払督促などの簡易裁判や家庭裁判は身近なものです。
簡易裁判で140万円以下の訴額や経済的利益に関係する裁判の訴訟代理権が認められています。つまり、この裁判においては弁護士に依頼しなくても依頼人の代わりに弁護士と同じことができるのです。
これ以外にも家庭裁判所においても、相続放棄の申述・申立書、遺産分割の調停申立書、離婚調停申立書などいろいろな申立書を作成することができます。さらに、その他の裁判で必要となる書面も作成できます。
地方裁判所においては、訴状の作成、答弁書・準備書面・陳述書も作成できます。
上記のことは自分が訴える側として書いてきましたが、逆に自分が訴えられてしまったときにも司法書士のサポートがあることでスムーズに裁判が進められます。
そして、司法書士に依頼する一番のメリットは、弁護士に依頼するよりも確実に安くなるということです。

コメントは受け付けていません。