法定後見制度の役割

成年後見制度というのは、判断能力が損なわれた人の財産を守るために後見人や補助人、保佐人などが財産の管理を行う制度です。あらかじめ自分が判断できなくなったときのために後見人を指名しておくことを任意後見制度といい、既に判断能力が失われた人を後見するために身内が申し立てるものを法定後見制度と言います。
法定後見制度の場合、どれくらい判断できない状態かということを客観的に判断してもらうため、精神科の医師に診察を受け、所定の診断書を出してもらったり、後見人の候補者が登記をされていないことの証明を用意するなど事前準備が必要になりますので、前もって書類を準備しておく必要があります。必要な書式は裁判所に備え付けてありますのでそれを用意すれば事足りますが、申立てを弁護士や司法書士に依頼するときには、全て任せることができます。
これらの制度の役割は、本人の財産を守るということが重要になりますので、所有財産を売買するときには裁判所に事情を説明して、そのつど許可を得なければなりません。また、家計表を定期的に作成して、収支の報告などもしなければならず、かなり負担の大きい作業ではあります。しかし、本人が判断できないときに行った契約を向こうにすることができるため早目の申し立てがおすすめです。

コメントは受け付けていません。